グルコサミンを摂取して若々しい体を作ろう|関節痛を防ぐ効果

緑黄色野菜を効率的に

飲料

1日の摂取量を守り継続

青汁は、栄養価の高い緑黄色野菜を中心に作られた飲み物で、健康や美容によいと人気があります。ビタミンやミネラル、食物繊維など、体を活性化させるために必要な成分がバランスよく含まれおり、しかも野菜ジュースとは異なり、果物や糖質などをできるだけ加えないように作られているので、カロリーや糖分が少ないところはメリットといえます。カロリーは野菜ジュースの7分の1程度ともいわれています。現代人は野菜不足といわれていますが、野菜不足の解消や体のために摂取したいなら、青汁がおすすめです。どんな商品でもそうですが、体によいからといってたくさんの量を飲めばいいわけではありません。青汁も商品の1日の摂取量を守り、毎日継続して飲みましょう。1日に飲みすぎると、成分の過剰摂取で逆効果になる場合があるからです。

人気の主要成分

青汁は、緑色野菜の原料や配合成分は商品によって異なります。よく含まれているものとして、大麦若葉があります。大麦若葉は大麦の若葉のことで、臭みや苦みが少ないことから、青汁の原料として使われています。青汁によく使用される、ケールや桑の葉などよりも、圧倒的に飲みやすいといわれています。また、ケールや桑の葉などよりも大麦若葉は栄養バランスが優れているというメリットがあります。食物繊維やビタミン、ミネラルはもちろんのこと、糖質やたんぱく質、脂質といった栄養素も含みます。他にも、抗酸化や解毒作用を持つ成分や活性酸素を除去する成分が含まれています。大麦若葉を含む青汁は、くせがなく飲みやすい上に、健康維持目的以外にも、美容やダイエットにも効果が期待できます。