グルコサミンを摂取して若々しい体を作ろう|関節痛を防ぐ効果

青汁は飲む野菜です

野菜

食文化が欧米寄りに変化したことで、野菜不足に悩まされる方が多くなってしまいました。野菜不足は肥満や生活習慣病になる恐れもあるため、青汁をはじめとした健康食品の利用で栄養素を補いましょう。

もっと見る

緑黄色野菜を効率的に

飲料

青汁は野菜不足を解消したり、健康や美容によいと人気がありますが、効果を得るには1日の摂取量を守って、毎日継続する必要があります。主原料として使われる大麦若葉は、ケールや桑の葉などよりも飲みやすく、栄養バランスが優れているというメリットがあります。

もっと見る

美容効果だけじゃない

家族

プラセンタは哺乳動物の胎盤のことです。様々な良い効果がある為、健康食品としても人気があります。たくさんの種類がありますので、自分に合うものを選び、毎日続けることが大切です。お試し商品などを上手に利用して選びましょう。

もっと見る

摂取しておきたい成分

栄養補助食品

延命の可能性

グルコサミンの研究において、近年、驚くべき発表がなされました。それは、延命効果が期待できるというものです。グルコサミンをマウスに投与したところ、投与しなかったマウスに比べて平均10%の長生きが認められました。これは人間に換算すると、5歳の長生きに相当するとのことです。まだ、研究の途中であり、どのようなメカニズムで延命効果につながったのかは明白になっていない状況です。また、マウスで延命効果が認められたとしても、人間でも認められるとは限らないものです。ただ、そうだとしても、グルコサミンを摂取したところで大きな害があるわけではありませんから、延命効果を期待してグルコサミンを摂取することは有意義なことだと言えます。

膝の関節痛を治す

もっとも、グルコサミンの摂取は延命効果の有無にかかわらず、高齢者を中心に多くの人が現在、実行しています。その人たちが期待しているのは、膝の関節痛を治す効果です。高齢者が抱える膝の関節痛の多くは、変形性膝関節症という疾患です。関節部分の骨には軟骨が覆うように存在しており、そのお陰で関節はスムーズ、且つ痛みがなく動きます。ただ、その軟骨は加齢とともに減少します。そして負担の大きい膝の関節の軟骨は減少が顕著であるため、膝の関節が特に痛くなってしまいます。これが、変形性膝関節症です。ただ、減少した関節の軟骨を再生させることは可能であり、再生にはグルコサミンが必要となります。また、関節の軟骨の減少を食い止める作用もありますので、グルコサミンの摂取が変形性膝関節症に効果があるというわけです。